ロレックス サブマリーナ(デイト付)の歴代モデルを徹底解説!スペックや仕様の違いを詳しく画像入りで解説しています。

ロレックス辞典

ロレックス辞典トップへ

サブマリーナ(デイト付)

ロレックスのスポーツモデルの中でも1、2を争うモデル、それがサブマリーナです。

1954年に発表されたサブマリーナは当初はダイビング専用モデルとして生まれました。ロレックスの発明であるオイスターケースに、リューズをねじで押し込んで防水性能を高めるトリプロック機構を実装し、発表当初は100mの防水性能を備えていました。

ロレックスはサブマリーナでも特許を取得します。それが回転ベゼルです。回転ベゼルは時間の経過を計測し、酸素ボンベの残量を計算するのに役立ちましたが、その後、時間計測などを必要とするパイロットにも重宝されました。

一方で、ダイビングには日付は必要ないことから、サブマリーナは当初は日付なしモデルとして製造されていました。しかし、サブマリーナの人気を背景に、より多くのユーザを視野に入れたデイリーユースとして日付機能が追加されます。
そうして、1965年には現在のサブマリーナの形であるRef.1680が完成します。

Ref.1680 - 1965年~1980年頃

ロレックス サブマリーナ Ref.1680
ロレックス サブマリーナ Ref.1680

それまで潜水専門時計として作られていたサブマリーナにデイト表示機能(日付表示機能)が付いたのがこのモデルです。デイト表示機能が付いたことにより、デイリーユースが可能となり、一気に人気が高まりました。
このモデルで現在のサブマリーナの形状がほぼ固まったと言えるでしょう。現在でもアンティークモデルとして根強い人気を誇り、2017年の販売価格で100万円を超えるものもございます。

アンティークモデルは当時のコンディションを保っていることが非常に重要となります。オーバーホールなどを行う場合、針や文字盤が新品に交換される場合もありますので、極力パーツは交換しないよう交渉する必要もあるでしょう。

Ref.1680に使われているムーブメントは、ロレックススポーツモデルの中でも名機と名高い、キャリバー1570です。シンプルな構造で耐久性に優れたパーツを使っており、長時間にわたって高精度を維持できると言われています。しかし、日付のクイックチェンジ機構が付いていないため、やや面倒な部分もございます。
また、Ref.1680には、いわゆるハック機能が付いていませんが、後期型のモデルでは、ムーブメントがキャリバー1575となり、ハック機能が実装されました。

<a href='#' onClick='wordPoupu(20, this);return false;' class='dgray u'>赤サブ</a>の文字盤
Ref.1680 赤サブの文字盤
文字が赤いだけなのに・・・

このモデルでもう一つ忘れてはならないのが、通称「赤サブ」と呼ばれるモデルの存在です。
文字盤の「SUBMARINER」の文字がただ赤いだけのモデルですが、Ref.1680の初期数年間のみの製造という事もあり、いわゆるレアモデルによるプレミア価格が付いています。その販売価格は2017年でなんと200万円を超えるものもございます。しかし、このレアさに目を付け、後から「SUBMARINER」の文字だけを赤くした詐欺品とも呼べるものも多く流通していますので、注意が必要です。
赤サブは防水性能表記等の記述の仕方から、マークI~マークⅣに分かれるなど、非常に奥の深い世界でもあります。その中でも、「メーターファースト」と呼ばれるマークIはコレクターの中で最も人気があり、経年変化でダイヤルが茶色に変色した「ブラウンダイヤル」は、特に人気が高くなっています。

このモデルのスペックを見る

ムーブメントCal.1570/Cal.1575
振動数毎時19,800振動
クロノメーター検査合格済
リューズガード実装
ベゼル回転ベゼル
ケースサイズ40mm
リューズトリプロック(初期にツインロックあり)
風防強化プラスチック
防水性能200m
バックルフリップロック式
ハック機能なし/あり

Ref.16800 - 1979年~1985年頃

ロレックス サブマリーナ Ref.16800
ロレックス サブマリーナ Ref.16800

サブマリーナのRef.1680の成功を背景に、ロレックスは次なるモデルを発表しました。それがRef.16800です。

現在のサブマリーナのスペックに非常に近づいており、強化プラスチックの風防から3倍の強度を持つサファイヤクリスタルガラスに変更され、ムーブメントもキャリバー3035に変更されています。これによりRef.1680で不便とされていた日付のクイックチェンジ機能が実装され、振動数もハイビートの毎時28800振動となりました。また防水性能も300mに向上され、より現在のスペックに近づいています。

また、Ref.1680の回転ベゼルは両方向に回すことができましたが、Ref.16800では逆回転防止ベゼルが実装されました。それもそのはず、潜水中にベゼルが逆回転してしまうと、酸素ボンベの残量計算に大きな誤差が生じて危険となってしまいます。

また、Ref.16800のマイナーチェンジとして、フチなしフチありがございます。初期型では、文字盤の夜光インデックスの周りに金属の囲いがございませんでしたが(フチなし)、後期型では、視認性を向上させるために金属の囲いが付きました。(フチあり

インデックスの<a href='#' onClick='wordPoupu(19, this);return false;' class='dgray u'>フチなし</a>
インデックスのフチなし
インデックスの<a href='#' onClick='wordPoupu(18, this);return false;' class='dgray u'>フチあり</a>
インデックスのフチあり

このモデルのスペックを見る

ムーブメントCal.3035
振動数毎時28,800振動
パワーリザーブ48時間
クロノメーター検査合格済
リューズガード実装
ベゼル逆回転防止ベゼル
ケースサイズ40mm
リューズトリプロック
風防サファイヤクリスタルガラス
防水性能300m
バックルフリップロック式
ハック機能あり

Ref.168000 - 1985年~1989年頃

Ref.16800から次のRef.16610に代わるわずかな期間のみ製造された謎のモデルです。リファレンス番号も5ケタから異例の6桁となっており、トリプルゼロと呼ばれているようです。

スペックは前モデルのRef.16800と同一。しかし時計本体にはRef.168000との表記があるにもかかわらず保証書にはRef.16800と表記されるなど、ロレックス側の対応としても不明瞭な部分が見受けられます。

一説によるとステンレススティールの成分が変わり、海水に強くなったとも言われていますが、公式発表もなく謎に包まれたモデルです。
コレクターの間で人気があるのかと思いきや、2017年の相場はRef.16800と大きく変わりません。

Ref.16610 - 1989年~2010年頃

ロレックス サブマリーナ Ref.16610
ロレックス サブマリーナ Ref.16610

ロレックスのサブマリーナの知名度を一気に押し上げたモデルです。約20年間にわたってダイバーズウォッチの代名詞として君臨し続けました。

1999年にはブレスレットと本体を接続するフラッシュフィットが分離型から一体型に変更されます。また、夜光塗料が放射性物質を含むトリチウムからより安全なスーパールミノバに変更されています。スーパールミノバは日本の会社が開発したことでも知られています。

2000年頃にはブレスレットを延長することができるエクステンションリンクが、板状からコマタイプに変更されましたエクステンションリンクによるコマ延長は、分厚いダイバースーツの上から時計をつけるときに役立つと言われています。

2003年頃にはガラスの6時位置に王冠透かしが入り、偽造防止に役立ちました。また、時計本体とブレスレットのつなぎ目の横穴が無くなり、よりスッキリとしたデザインとなりました。(オールドジョイント「OJ」→ニュージョイント「NJ」)
2007年頃には文字盤の周囲に「ROLEX」の文字が刻印され、シリアル番号が6時側に刻印されるルーレットと呼ばれる仕様変更も行われており、Ref.116610の仕様により近づいてきています。

ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(4, this);return false;' class='dgray u'>フラッシュフィット</a> 旧型
ロレックス
フラッシュフィット 旧型
ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(4, this);return false;' class='dgray u'>フラッシュフィット</a> 新型
ロレックス
フラッシュフィット 新型
ロレックス ブレスレットの<a href='#' onClick='wordPoupu(23, this);return false;' class='dgray u'>OJ</a>
ロレックス
ブレスレットのOJ
ロレックス ブレスレットの<a href='#' onClick='wordPoupu(22, this);return false;' class='dgray u'>NJ</a>
ロレックス
ブレスレットのNJ
ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(16, this);return false;' class='dgray u'>王冠透かし</a>
ロレックス 王冠透かし
ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(16, this);return false;' class='dgray u'>王冠透かし</a>
ロレックス ルーレット刻印

このモデルにはイエローゴールドとのコンビモデル(ベゼルが黒い16613LN、ベゼルが青い16613LB)、総イエローゴールド製のモデル(ベゼルが黒い16618LN、ベゼルが青い16618LB)、サファイヤなどを使ったラグジュアリーモデルも展開されています。

ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(12, this);return false;' class='dgray u'>グリーンサブ</a> Ref.16610LV
ロレックス グリーンサブ Ref.16610LV

また2003年にはロレックスの生誕50周年を記念して、ロレックスのコーポレートカラーを採用した緑色のサブマリーナ、通称グリーンサブが発表されます。従来のスポーティーさに加え、その鮮やかなグリーンベゼルと黒の文字盤の色使いから人気モデルとなりました。2017年にはその価値が見直され相場は上昇、販売価格が100万円を超えるようになりました。
またこのモデルには、ベゼルの「4」の書体が異なる「ファット4」と呼ばれるモデルや、文字盤最下部の「SWISS MADE」の表記が従来より大きい「ビッグスイス」、ベゼルの色合いが黄緑色に近い「ライムグリーン」など、さまざまな希少性の高いモデルが存在し、その販売価格は2017年で200万円を超えています。

このモデルのスペックを見る

ムーブメントCal.3135
振動数毎時28,800振動
パワーリザーブ48時間
クロノメーター検査合格済
ベゼル逆回転防止ベゼル
ケースサイズ40mm
リューズトリプロック
風防サファイヤクリスタルガラス
防水性能300m
バックルフリップロック式
ハック機能あり

Ref.116610 - 2010年~

ロレックス サブマリーナ Ref.116610
ロレックス サブマリーナ Ref.116610

2010年に登場したサブマリーナの最新モデルです。前のRef.16610のデザインはそのままに、より強固に耐腐食性なモデルとなっています。

まず一目見て分かるのが、そのケースの大型化、インデックス/長針/短針の大型化です。ラグが大型化され、全体的にゴツくなりました。また、以前は金属プレートのベゼルが使用されていましたが、耐傷性が向上したセラミックベゼルが使用されています。
その他の変更点としては、夜光塗料がスーパールミノバからクロマライトに変更され、青く光るようになり、従来の2倍の持続時間を誇ります。また、ブレスレットの長さの微調整が工具なしで行えるグライドロックシステムを採用しています。

ムーブメント自体は全モデルのRef.16610と変更ありませんが、ヒゲゼンマイがロレックスが独自開発したブルーパラクロム・ヒゲゼンマイに変わっています。ブルーパラクロム・ヒゲゼンマイは従来のヒゲゼンマイの10倍の耐衝撃性を誇り、さらには帯磁性を持つことから、長期にわたっての精度維持に役立ちます。

ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(13, this);return false;' class='dgray u'>クロマライト</a>夜光
ロレックス
クロマライト夜光
ロレックス <a href='#' onClick='wordPoupu(10, this);return false;' class='dgray u'>グライドロック</a>システム
ロレックス
グライドロックシステム

このモデルにもRef.16610と同様にイエローゴールドとのコンビモデル(ベゼルが黒い16613LN、ベゼルが青い16613LB)、総イエローゴールド製のモデル(ベゼルが黒い16618LN、ベゼルが青い16618LB)、総ホワイトゴールド製のモデル(ベゼルが青い116619LB)、サファイヤなどを使ったラグジュアリーモデルも展開されています。

ロレックス サブマリーナ Ref.116610LV
ロレックス グリーンサブ Ref.116610LV

また、Ref.16610で大人気となった緑色のサブマリーナ、通称グリーンサブがこのモデルでも展開されています。Ref.116610LVではベゼルに緑色の強化セラミックが使用されており、Ref.16610LVとは異なり緑色の文字盤が使用されています。通常のモデルに比べて若干定価が高めに設定されており、それに伴って販売価格も高めとなっています。

このモデルのスペックを見る

ムーブメントCal.3135
振動数毎時28,800振動
パワーリザーブ48時間
クロノメーター検査合格済
ベゼル逆回転防止ベゼル
ケースサイズ40mm
リューズトリプロック
風防サファイヤクリスタルガラス
防水性能300m
バックルフリップロック式
ハック機能あり
ロレックス辞典トップへ

お客様の大切な品物、MAX査定にて買取ります!

お客様の大切な品物をMAX査定で買取りいたします。
長年にわたりダイヤモンドなどの宝飾品、時計、ブランド品、電気製品、楽器などを取り扱ってきたスタッフが最新相場で1点ずつ丁寧に査定いたします。
査定にかかる時間は1点につき数分、鑑定書がないダイヤモンドや珍しいもの、高額なものでも1点につき15~20分程度です。
もちろん、近隣の買取店、リサイクル店等と価格比較を行っていただいても構いません!!


まずはお持ちいただいた品物の内容・点数などを確認いたします。
品物の状態や品質などを確認いたします。必要であれば洗浄も行います。
1点ずつの査定額をご提示。その際、査定根拠もご説明いたします。
ご本人様確認書類の確認、書類への記入の上、代金をお支払いいたします。

質預かりってなに?

自分の手持ちの品物を担保にお金を借りる。
お金が用意できた時に返済して品物を持って帰る。

質屋では品物を担保にその価値の範囲で融資を受けることができます。これを質預かりといいます。
元金と質料を支払えば品物は戻ってきますし、品物を手放せば元金の返済義務はありません。

つまり質屋は「誰にも気兼ねすることなくお金を借りて、自分の都合で返済する」という金融業とリサイクル店・買取店の双方のメリットを兼ね備えているのです。

まずは品物をお持ちください。
その場で査定、査定額にご納得いただければその場で現金をお渡しいたします。
いずれの場合でも、査定料やキャンセル料などはかかりません。

手放さなくてもいいんです。買取価格で質預かりいたします。

売却(買取)するとその品物は二度と戻ってきません。
また、思い出や愛着も二度と戻ってきません。

品物はお客様の大切な財産。
だから、マルカは『買取価格』で質預かりいたします。

質屋は、お客様の品物を一時的にお預かりするだけ。
元金と質料をお支払いいただければ、品物を取り戻すことができるのです。
やっぱりいらない!と思えば、期限を過ぎると売却(買取)したことと同じになります。
品物を取り戻すか、売却(買取)するかどうかは3ヶ月の質預かり期間に考えればいいのです。

質屋はあなたの味方です!

  • 電気製品などの相場の下落が非常に早いもの、相場が大幅に変動する可能性があるものなどは「買取」の方が高くなる場合もございます。
ページの先頭へ