ギター業界の巨頭、フェンダー社の日本モデルを製造するフェンダージャパン。フェンダージャパンのシリアル番号から製造年月日がわかるってご存じでしょうか?って、そんな大したものではありませんが、フェンダージャパンの概要、シリアルの場所、シリアル番号と製造年の対応表を掲載しています。

フェンダージャパンのシリアル番号と製造年

ギター業界の巨頭、フェンダー社の日本モデルを製造するフェンダージャパン。
フェンダージャパンのシリアル番号から製造年月日がわかるってご存じでしょうか?

ここでは、フェンダージャパンの概要、シリアルの場所、シリアル番号と製造年の対応表を掲載しています。

フェンダージャパンとは?

フェンダージャパンのロゴ

フェンダージャパンが設立されたは1982年のこと。
フェンダーUSA本社のライセンスを受けて、フェンダーUSAが展開するラインナップの廉価版を製造する会社として立ち上がりました。

ギターやベースの製造メーカーであるフジゲンを中心に、グレコやミュージックマンの代理店となっている神田商会、そして大手楽器ストアの山野楽器が出資して作られました。この頃のフェンダージャパンはフジゲンがフェンダーUSA社からライセンスを受けて製造していました。
製造メーカーが中心になっているところが非常に特殊で面白い点ではないでしょうか。

その後、1997年にフジゲンがフェンダージャパンから手を引くと、神田商会がフェンダージャパンを率いるようになります。この時代はフジゲンの代わりにダイナ楽器がギターの製造を行っていました。

紆余曲折はありますが、フェンダーの廉価版として広く受け入れられたフェンダージャパンは高い人気を誇っていました。しかし1995年に突然、フェンダージャパンは打ち切られることになります。
フェンダージャパンを育ててきた神田商会としては大変なショックだったと思われますが、ライセンスを受けていた以上拒むことはできません。

その後、フェンダージャパンの製品はFENDER Japan Exclusiveとして受け継がれ、現在に至ります。

フェンダージャパンのシリアル番号

フェンダージャパンのギター、ベースでは、シリアル番号から製造年代を調べることができます。
本家のフェンダーUSAの場合は、シリアル番号から調べた製造年には誤差があるため、ネックを外したネックエンドの日付を確認する必要がありますが、フェンダージャパンの場合はある程度の範囲できちっと調べることができます。さすが日本製。

フェンダージャパンのシリアル番号は基本的にネックヒールにあります。しかし、稀にヘッド裏にある場合もあるので、注意が必要です。

ネックヒール(ネックとボディのつなぎ目あたり)を見てみると・・・

Made In Japan(Crafted In Japn)の文字とともに製造番号があります。

MADE IN JAPAN フジゲン製造(1982年〜1994年頃)

フェンダージャパンの初期、フジゲンが製造していたころのシリアル番号は非常に単純です。
基本は「MADE IN JAPAN」の文字(すべて大文字に注意です)と、アルファベット1文字+5/6桁の番号です。

JV + 5桁1982年〜1984年製
SQ + 5桁1983年〜1984年製
E + 6桁1984年〜1987年製
A + 6桁1985年〜1986年製
B + 6桁1985年〜1986年製
C + 6桁1985年〜1986年製
F + 6桁1986年〜1987年製
G + 6桁1987年〜1988年製
H + 6桁1988年〜1989年製
I + 6桁1989年〜1990年製
J + 6桁1989年〜1990年製
K + 6桁1990年〜1991年製
L + 6桁1991年〜1992年製
M + 6桁1992年〜1993年製
N + 6桁1993年〜1994年製
O + 6桁1993年〜1994年製
P + 6桁1993年〜1994年製
Q + 6桁1993年〜1994年製
S + 6桁1994年〜1995年製
T + 6桁1994年〜1995年製
U + 6桁1995年〜1996年製
V + 6桁1996年〜1997年製

Crafted In Japan ダイナ楽器組み立て(1997年〜2008年頃)

フジゲンがフェンダージャパンから手を引いた後は、神田商会主導の下でダイナ楽器が製造を行っていました。
この時期は木部は海外で制作、ダイナ楽器は組み立てのみを行っていたため、「Crafted In Japan」という表記となっています。

N + 5桁1995年〜1996年製
A + 5桁1997年〜1998年製
O0 + 6桁1997年〜2000年製
P0 + 6桁1999年〜2002年製
Q0 + 6桁2002年〜2004年製
R0 + 6桁2004年〜2006年製
S0 + 6桁2006年〜2008年製
T0 + 6桁2007年〜2008年製

Made In Japan ダイナ楽器製造(2007年〜)

その後、ダイナ楽器が製造のすべてを担うようになったのでしょうか、シリアル体系は変わらないものの製造表記が「Made In Japn」となりました。(大文字と小文字が混じっている点に注意です)
2012年頃からはJD12XXXXXXという体系に代わりました。

T0 + 6桁2007年〜2010年製
U0 + 6桁2010年〜2012年製
JD12 + 6桁2012年〜

楽器/ギター・ベースでお金を借りるという選択肢

ミュージシャンにとって楽器は相棒といえるものです。
自分の引きグセなんかもあったり、ライブでついた傷なんかも妙に大切に感じられたり。

ちょっとお金が必要になったから、売らないといけないのか・・・
そんな寂しいことはありません。

でも、質屋なら楽器を手放さずにお金に換えることができるんです。
それは、楽器を担保にお金を借りる質入れ(しちいれ)、質預かり(しちあずかり)というシステム。

質入れ(質預かり)って?

質入れとは、「自分の大切な品物でお金を借りる」ということ。
質屋に自分の品物を預けて(担保)、その市場価値の範囲内でお金を借りることができます。
預けている間の品物の所有権はお客様のまま。

品物は倉庫(質蔵)できちんと保管され、お迎えを待ちます。
もちろんお預かり中は手を触れたり他の方に見せたりすることはありませんので、ご安心ください。

期限は3ヵ月、その間に元金と質料を支払えば品物を取り戻すことができます。
品物がいらない、または品物を諦める、といった場合には元金と質料の支払い義務はありません。都合のいい時まで期限を延長することもできます。

「誰にも気兼ねなくお金を借りて、自分の都合で返済できる」
それが鎌倉時代から続く質屋だからこそできるサービス、質入れ(質預かり)なんです。

当店では、ステージでの演奏経験のあるスタッフが常駐。
複数の大手楽器店と業者間取引を行うなど、関西でも楽器取扱数No.1の質屋でございます。
どうぞ、お気軽にご相談くださいませ。

Appleの豆知識

楽器の豆知識

質屋の豆知識

毛皮の豆知識

金・プラチナの豆知識

ダイヤモンドの豆知識

ロレックスの豆知識

ブランドの豆知識

知らないとヤバイ豆知識

ページの先頭へ